キツイ汗の臭いの対策!適度な運動と水素水

夏になると汗が気になりますよね。じっとしてるだけで汗をかいてしまうなんて事は日常茶飯事です。いっぱい汗をかくと臭いも気になってきます。対策としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

タオルやハンカチで汗を拭くのは多い事だと思います。ここで注意したいのが1枚のタオルやハンカチで汗を何度も拭くという行為です。基本的に乾いたタオルで拭くと肌に付いた汗が全てなくなってしまいます。そうすると体内でまた汗を出そうと余計に汗をかいてしまうのです。更に1度汗を拭いたタオルが乾くという事は雑菌も増えてる可能性が高まります。そうならないようにタオルは複数用意し、水で少し濡らして絞ってから拭くようにする事が大切です。

 

次に制汗剤を使うのも必要です。汗腺をふさいで汗の量を減らしたり、汗の中の雑菌が繁殖しないようにする殺菌効果など為に使います。身体を拭くタイプのものやスプレータイプのものなど様々あると思います。これらを使用する事により、身体が冷えて体感温度も下がるので汗がかきにくくなるといった効果もあります。

 

しかし、制汗剤は使うと気持ち良い・身体が良い臭いになるといった軽い気持ちで大量に使うのはNGです。自分の体臭に合わせてちょっと臭いがキツイなと思えばスプレータイプのものを、そうでなければ汗拭きシートのものを使うのが良いでしょう。何故かというと必要以上に制汗剤を使うと減菌状態になり、肌に必要な善玉菌まで減ってきてしまいます。こうなると逆に臭いが強くなってしまう事もあるので要注意です。

 

食事も脂っこい肉料理や加工食品ばかり食べていると元々身体にも良くないですし、汗にも影響が出てきます。普段から食生活には気を付けて野菜や魚などを多く摂取するようにしましょう。水素水も効果的です。

 

あとは適度に運動をするということです。普段から運動不足で汗をかかない生活を送っていると汗が溜まりやすくなります。そうすると汗をかいた時に濃い汗が出るので臭いもキツくなります。日頃から運動をして水素水を飲んで体内の調子も整えておく事が大事だと思います。