ビタミンAは目と肌に良い効果がある

美容に良いものにはたくさんあり、挙げればきりがありません。

 

そんな中今回取り上げるのは「ビタミンA」です。ビタミンCは耳馴染みもあり、ビタミンの中ではもっともポピュラーなものだと思います。ビタミンB2やビタミンB6は知っている方も多いですよね。でも、ビタミンAは・・・。どんなものなのか答えられない方もいるのではないでしょうか。実はあまり知られていないその効果を知っていきましょう!

 

目に良いとされる

 

ビタミンAと聞いて「目」を思い浮かべた方、正解です!夜、暗くなると視界が悪くなることを防ぐ効果があるため、網膜の異常を改善するのに良いものです。目に良いというとブルーベリーかなと思う方もいますが、他にビタミンAを含む食材を積極的に取るのもオススメですよ。

 

ニキビ肌を防ぐ効果もあり

 

美肌効果には何が効く?と聞かれれば、ビタミンCの方を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、ビタミンAにも美肌効果はあるのです。皮膚の新陳代謝を促す効果があるため、ビタミンAが不足すると乾燥肌になったりニキビができたりするそう。もちろんビタミンCも大事ですが、一緒にビタミンAも取れるような食事を心がけると肌にツヤが出るかもしれません。

 

ビタミンAが取れる食材

 

では、ビタミンAを家庭料理で取ろうとなるとどんなものが良いのでしょうか。圧倒的にビタミンAの含有量が多いのは鶏のレバーです。家庭でよく出てくるのはレバニラ炒めでしょうかね。これは鉄分を補うために女性が意識して食べるということもありますが、実はそのついでに肌も目も良くしているのです。

 

また、意外なのが卵!アレルギーがあるとちょっとキツイですが、そうでなければ毎日1個は食べると言っても過言ではないものですね。料理やお菓子作りにも使われ、アレンジが効く万能な食材です。これにもビタミンAが含まれているので、朝食に目玉焼きを食べるなどの癖がつくと良いですね。